投資マンションを購入する|目的に合った物件を探そう

家

相続税対策には土地活用

集合住宅

狭い土地でも運用できる

2015年に相続税が増税になったために、今後土地を相続する可能性のある人は何らかの対策をする必要があります。多くの人が土地を売却して相続税を支払いますが、せっかくの資産を手放すことになります。例えば土地を活用してアパート経営をすれば、長期にわたって家賃収入を得ることができるのです。アパート経営の特徴は、マンションと違って狭い土地でも運用できる点です。最低限、戸建てを建てる広さがあればアパートは建てられます。土地形状による建築プランの制約が少ないので、部屋数や間取りのバリエーションが豊富です。また自己資金が少なくてもできるというのもアパート経営の特徴です。金融機関にはアパートローンがあるので、それを利用すれば融資もスムーズに実行されます。

収益率のよい物件を探す

アパート経営では周辺環境が重要です。賃貸経営に適していない土地の場合は売却して、その資金で投資物件を購入するというアパート経営の方法もあります。その際に気をつけたいのが投資物件の探し方です。まず周辺環境のよいエリアを見つけることです。周辺環境のよいエリアというのは、集客施設が周囲にあることです。例えば大学や大企業のオフィス、工場、賑やかな商店街などです。人が多く集まるエリアは入居者も集めやすくなります。初期投資額を少なくすることが大事です。理想的な投資物件を見つけても値段が高すぎると、ローンの支払いも多くなるので収益率が低くなります。収益率のよい投資物件は市場に出ないことが多いので、地元の不動産屋をこまめに回ることが必要です。